スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ホルネル症候群
2005-01-03 Mon 00:00



術後、体力は落ちたものの以前と変わらない笑顔に戻って一安心


・・・と思ったのも束の間でした。

朝起きると嵐のお目目があっかんべー状態

左目下瞼が下がり瞬膜が見えてる・・

また慌てて病院へ

年明けという事もあって鎌倉の先生のところへ

ホルネル症候群ですね。でも以前腫瘍切除手術の事があるから

脳に異常がなければいいんですが・・』

正直びびりました。



丁度翌日から大阪へ帰省するので大阪の病院でも見てもらう事に・・

大阪の先生は『心配する事ないよ。自然に治るから。目薬も必要ないよ』

そうだ。そう書いてあった!

ホルネル症候群についてネットであちこち調べたりもしてました。

でもほんとにそれだけ?・・



そうこうしているうちに目の調子もだんだんと良くなり、特に動いて

活発になっている時には普段通りの可愛いお目目に戻ってる。

でも心配・・




スポンサーサイト
ホルネル症候群…の続きを読む
別窓 | 過去の病気 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
右前脚第五指断指術
2004-11-29 Mon 00:00



形質細胞腫による右前脚第五指断指術前日に入院


かなりショックではあったけれど、断脚はまぬがれたので少しほっとはした。

でも、指ひとつとパッドが無くなってしまうのには変わりなかった・・

術後、歩けるようになるのか?体力的にはどうなのか・・全身麻酔・・

いろんな不安が頭の中をよぎる。

でももう決心したんだから、先生の事信じて任すしかない。


どうか無事に終わりますように・・


家からは結構遠い病院だったので車で待機

携帯が鳴る・・

急いで受付へと向かうと、丁度オペ室から担当医の先生と

移動する為の台の上でハアハアと長い舌を出し苦しそうな嵐が横たわっていた。

『あらしぃ~~』消えそうな声にも反応して起き上がろうとする嵐

慌てて起こしかけた顔を撫でて静かに横たわらせ・・

担当医からの説明も頭に入る余地は無く泣き崩れてしまった。


その後、帰る時、朝待合室で少しお話させて貰っていたワンちゃんと

飼い主のおばさんに出会う。

そのワンちゃんは大きなセントバーナードでとても大人しい

どちらかというと何に対しても無関心な感じのワンちゃんでした。

『大丈夫でした?』

そう聞かれた途端、また涙がこみ上げてきて座り込みまた号泣・・・

その瞬間、突然私の涙をワンちゃんが優しくぺロぺロ舐めはじめた。

「大丈夫?泣かないで・・」

そう言ってくれてるのだと思った。

セントバーナード君、ありがとう



そして4日間の入院が終わる




右前脚第五指断指術…の続きを読む
別窓 | 過去の病気 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大学病院にて
2004-11-11 Thu 00:00


大学病院での初めての診察日がやってきました。

予約診察のみにもかかわらず、朝からたくさんの患者ワンコでいっぱいです。

嵐も初めての場所で緊張していて落ち着かない様子。

情けない声で鼻をキュンキュン鳴らしてます。

どのくらい待ったでしょうか・・名前を呼ばれて診察室へ



えっ?


えぇ~~~~~~~~?


どんだけ~~~~~~~~~~?



先生以外にもギャラリー(お勉強中のタマゴ先生達)であふれています。


嵐はというと・・・

いっぱいナデナデしてもらって超ご機嫌さんでニコニコ

逆におかあさん(私)の方が超緊張してしまう程でした。





大学病院にて…の続きを読む
別窓 | 過去の病気 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
形質細胞腫
2004-10-15 Fri 00:00

2004年10月


突然左前足パッド部から出血


当時引越したばかりで神奈川県に住んでいた頃の話です。


知り合いもおらず、とりあえずあちこちで診て貰うが・・

何だかなぁ・・そしてある朝、いつもの公園で時々お会いする叔母さんに

事情をお話して病院を教えて頂き、すぐに診察に行きました。



そこは鎌倉にある病院でして・・

初めての細胞診(針を刺して採取した細胞を顕微鏡で調べる検査)

細胞が増殖されていて、明らかに異常が確認された。


『悪性腫瘍の可能性が高いですね まず内臓に転移していないかどうか

レントゲン撮影してみましょう』


結果『幸いにも内臓にはまだ転移がみられないけど、悪性腫瘍の場合

外科手術で断脚という可能性が大きいので、大学病院を紹介します』

診察日の予約を入れて頂き大変良くして頂きました。


[病理検査結果] 形質細胞腫の疑いあり

大小不同な円形核と豊富な細胞質を有する円形の腫瘍細胞が

多数得られています

細胞境界明瞭な小型細胞でクロマチン豊富な核とやや濃染する細胞質を有し

2核の細胞も認められることや経過が比較的長いことから良性・悪性両方の

可能性がある形質細胞腫が第一に疑われます。確定診断のためにも

摘出・組織検査をご検討ください


形質細胞腫…の続きを読む
別窓 | 過去の病気 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 多発性骨髄腫と闘うゴールデンレトリバー嵐の生活日記  &暴れん坊陸ちゃん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。